そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

文部科学省の天下り斡旋が30件以上発覚

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「文部科学省の天下り斡旋が30件以上発覚」です。

 

⇒その理由は……:

─「官僚バッシング」がかつて吹き荒れたことがありました。
2000年前後です。

─世間が経済的に厳しくなると必ずそうした流れになります。
なぜならば公務員は「反論」出来ないからです。

─したがってこれまではそれで世間の憤懣を抑えてきました。
役人の側も「忍の一字」だったわけです。

─しかし今は違います。
こらえきれなくなれば官僚の側にも「反論」のツールがあります。

─ソーシャル・メディア、です。
ある程度の覚悟を望めばいつでも、どこでも反論が出来ます。

─「物言わぬはずの人」が突然、「物言う」になればどうなるのか。
その瞬間に劇的に全てが変わります。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

文部科学省において「天下り斡旋」の実態が明らかにされました。

既に30件以上の事実関係が判明しているのです。

学校法人への天下り。

要するに監督官庁が監督している民間にねじ込んでいたのです。

正に「天下り」の典型です。

少子化の中で非常に厳しくなっているのが学校法人です。

だからこそ、文部科学省とのパイプを必要とし、受け入れてきました。

それももう限界、ということなわけです。

「役人バッシング」へと今後、拡大して行きます。

全省庁へと拡大し、優秀な人財から順番に霞が関を去るはずです。

国家の中枢が空洞化して行きます。

しかも中長期的に見て害悪の在る形で、です。

その結果、我が国はどうなるのか・・・。

既に近未来は見え始めています。

「空洞化」するニッポン。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-