そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

頑固おやじ澤上篤人の長期投資

投資運用にも役立つ「孫子の兵法」

2017/04/16

●投資は勉強! 新しい「孫氏」を読んでみよう!

 

かれこれ43年にわたって、投資運用ビジネスの世界で飯を食ってきた。

その間、いろんな勉強をしたものだ。

とりわけ若い頃は、投資運用すなわち戦争で勝ちを
収めていくことと同じだとばかり、その方面の勉強に熱中した。

 

前線での戦闘から後方の兵站まで用意周到でかからねば、戦争での勝利は望めない。

そのあたり、ポートフォリオ運用に参考となるところが多かった。

そのうち、勉強の主軸は戦場における心理とか、人間の勉強に移っていった。

もうひとつは、総合的な国力とは何ぞやの研究である。

 

数多くの書物をひもといていく間に、「孫子」とマキャベリの「君主論」は
何冊も読み重ねることになった。

 

なかでも「孫子」とか「孫子の兵法」は、よく読んだというか勉強したものだ。

 

なにしろ、読んでいる間にも「なるほどな」「たしかに、そうだよな」
といった納得感がビンビン響いてくるのだから。

 

ところがだよ、ここからが今日の本論だけど、
最近になってオレの「孫子」感がグーンと進化したんだよ。

 

実は、まったく新しい「孫子」が日本経済新聞出版社から刊行となったのだ。

著者は、若手の中国研究家でいよいよ油が乗ってきたところの守屋淳さん。

 

とにかく面白い。

読者の皆さんにも、お奨めイチ押しの本である。
アマゾンにて。
最高の戦略教科書 孫子

これまであまたの「孫子」が書物となっているが、
守屋淳さんの孫子はまったく違っている。

 

読んでもらったらわかる。

 

オレ自身これまでは「孫子」を頭で納得してきたが、
守屋さんのでは読み進むうちに「孫子」が血となり肉となっていく感じなんだ。

こういったスタイルの専門書って、ありがたいよね。

 

著書の個性がにじみ出てくるほど人間味にあふれた専門書って、いいと思わない?

 

「PR」

株式投資で圧倒的多数の敗者が陥る謎
「なぜ、こんな高値を掴むのか」

 

多くの個人投資家は何の分析も計画も
なく欲と値ごろ感だけで株を買う。

 

では、ローリスクで大きな利幅を狙う
株式投資を実現するにはどうすれば?

 

今、初心者でも株で大きく稼ぐための
オンライン株式動画合計10本が
無料で得られる。

 

しかも、170Pのボリュームがある
電子書籍まで無料プレゼントなので
すぐに手に入れておくべきだろう。

 

まずはこのシンプルな問題を簡単に
答えられるか試してみることだ。

下記より。

スポンサーリンク

-頑固おやじ澤上篤人の長期投資
-, ,