そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

頑固おやじ澤上篤人の長期投資

プロの運用方法の真実を大公開!

2017/04/16

今日は運用の世界で本当のプロといったものを、
テーマとしてとり上げてみよう。

 

といっても、
最近は日本の機関投資家の日本株投資で80%近くが
インデックス運用といわれる。

 

これは、コンピュータを駆使して平均株価に
つかず離れずの機械運用をするだけのことだから横へ置こう。

 

いわゆるファンドマネジャーが運用の腕を競う世界では、
運用成績を出しやすい資金サイズというものがある。

 

もっとも、1億円とか数億円の資金を小型株で運用して、
すごい成績だとマスコミなどでチヤホヤされるケースもある。

 

そういう小手先運用ではなく、本格的な運用の世界での話。

 

資金サイズでいくと、100億円から200億円くらいを本格運用するのが
一番成績を出しやすい。

 

ギリギリ300億円くらいまでだろう。

 

そのあたりを超えた資金サイズともなると、もう小回りは効かない。

 

また、相当に銘柄組入れ数が多くなるから、
思うようには管理が行き届かなくなる。

 

まさに、ファンドマネジャーの腕の見せどころとなる。

 

大胆な投資判断と、きめ細かなポジション調整などで、
ポートフォリオ運用の妙を競うわけだ。

とはいうものの、そこから先が運用ビジネスの皮肉なところとなる。

 

成績がいいと運用資金がどんどん入ってきて、
みるみる大きなファンドとなってしまう。

 

運用資金が500億円1,000億円となってくると、
ポートフォリオ運用の妙とかいっておれなくなる。

 

ひと銘柄あたりの購入株数も多くなるから、
ある程度の時間をかけてポートフォリオに組み入れる必要も高まってくる。

機動的な運用が難しくなるとかで、なかなか思うような成績が出なくなる。

 

成績が悪化すると顧客資金も流出し、運用資金のサイズが
再び適正規模に戻ってくるという皮肉だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーリンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

となると、さわかみファンドは資産規模が3,000億円前後となっているから、
その規模からいってもう成績は出ない?

 

驚くなかれ、すごい成績が出るはずだよ。

 

どういうことかって?

運用成績を競わないからさ。

 

さわかみファンドは設定当初から、巨大ファンドの運用というテーマを貫いている。

 

目先の運用成績を追うことはせず、
株価暴落時など安いところでしっかり買い仕込んでおく。

 

そして、株価が大きく噴いてきたところで薄く薄く利益確定の売りを出していく。

 

そういった運用なら、資金規模がいくら大きくなっても存分に買えるし、
いくらでも利益確定できる。

 

このように、大型ファンドの運用は早め早めの行動が鉄則である。

 

よほど早めに買いはじめ、皆がガンガンに買ってきたら静かに利益確定していくのだ。

 

成績?

 

たしかに運用成績は競わないが、
さわかみファンドは設定来でもう既に
平均株価に2倍近い差をつけている。

 

結果としては高いといえよう。

 

「PR」

株式投資で圧倒的多数の敗者が陥る謎
「なぜ、こんな高値を掴むのか」

 

多くの個人投資家は何の分析も計画も
なく欲と値ごろ感だけで株を買う。

 

では、ローリスクで大きな利幅を狙う
株式投資を実現するにはどうすれば?

 

今、初心者でも株で大きく稼ぐための
オンライン株式動画合計10本が
無料で得られる。

 

しかも、170Pのボリュームがある
電子書籍まで無料プレゼントなので
すぐに手に入れておくべきだろう。

 

まずはこのシンプルな問題を簡単に
答えられるか試してみることだ。

下記より。

スポンサーリンク

-頑固おやじ澤上篤人の長期投資
-, ,