そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

頑固おやじ澤上篤人の長期投資

高齢化社会でも経済は成長する

2017/04/16

今日はすこしマジメに、「高齢化社会でも経済は成長する」という
テーマをやってみようか。

 

日本は少子高齢化で人口は減っていくし、
生産年齢人口の比率も下がっていくと、よくいわれる。

 

働き手が少なくなるのだから、日本経済の将来は悲観的に
ならざるを得ない。

そういった考え方が主流となってきている。

一般的にはそういうことなんだろう。

 

だからといって、そこで思考停止することもないよね。

そう単純かつ一面的に決め込まずに、もっと伸びやかに考えてみようよ。

 

一国の経済が成長するって、どういうことだろう?

 

国内の総生産高や総投資額が増加してもいいし、
国民全体の所得が増加してもいいよね。

 

そうなると、たとえ生産年齢人口が減っても、
国内の投資や消費が高水準で推移してくれれば、何も問題はないはず。

 

もしもだよ、少しずつでも増加していってくれたら、
成長率が高まっているということになる。

難しくなってきた? では、ぶっちゃけ話に入っていこう。

要は、お金をじゃんじゃん使えばいいのよ。

 

国民の総消費額がどんどん膨れ上がっていけば、
それは経済規模が拡大しているということになる。

 

使われたお金は必ず誰かの所得となる。

その誰かが得たお金を使えば、別の誰かの所得となっていく。

 

この繰り返しが広がっていけば、経済活動はどんどん
拡大し活性化していくことになる。

経済なんてそんなものよ。

 

花見酒経済みたいにはならないの?
オーッ、鋭く突いてきたね。

 

お花見で八っつぁんと熊さんとが、お互いに酒を差し合って呑んでいるだけで、
元のお酒は増えるどころか減っている状態ではないのときたか。

 

たしかに、八っつぁんと熊さんとの間で酒を呑み交わしているだけだと、
お酒はどんどん減っていく。

つまり、富は増加せず経済の成長にもならない。

 

ところが、日本中で多くの人々が参加して酒を呑み交わすとなると、
話は違ってくる。

 

知らないところの美味しいお酒を楽しめるのだから、
いつもの酒代より高い値段であっても、それは喜びの代金、
あるいは満足料として払う気になるじゃない。

 

この喜び代とか満足料が付加価値である。

 

そういった形でお金を上乗せして支払っていくことで、
経済の規模は拡大していく。

そう、経済成長とは付加価値をどんどん増やしていくことなのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でも、日本の人口は減っていくのだから、
お酒もそれほど飲まなくなるのでは?

 

たしかに、そうだ。

 

お酒のみならずモノに対する需要の総量は、
人口減少分だけ着実に小さくなっていく。

減っていくモノ需要に対する付加価値といっても、やはり限界がある。

 

しかしだ、人々の満足ってモノに対してだけかな?

 

「こんなステキな空間に住めるなんて、最高の幸せ」
といった喜びにだって、人はお金を払いたくなる。

これはもう立派な付加価値である。

 

その「こんなステキな空間」といったところで、
いくらでもステキさを磨き上げることができるはず。

 

少なくとも、多くの人々が、お金を支払えるぐらいのペースで
「ステキさが磨き上げられていく」のであれば、みなが無理なく参加できる。

 

そういった喜びという付加価値をベースに経済を拡大させていくことができる。

実は、これが成熟経済の姿なのだ。

 

生活必需品に対する需要はずっと続くが、そこへプラスして日々の
生活をより潤いのあるものにしていくための出費も、それなりには上乗せできるはず。

成熟経済には、それだけのお金の余裕もある。

 

日本経済において、こういった満足出費が高まってくると、
成長力もまた戻ってくる。

 

若々しいエネルギーに満ちあふれていた高度成長期の頃とは違って、
しっとりとした経済成長とはなるが、十分に力強い経済拡大となる。

 

ちなみに、個人金融資産は戦後ずっと増え続けており、
バブル崩壊後20年でも500兆円ほど増加している。

 

一方、肝心の経済規模は「失われた20年」と言われる通り、
ジリジリと縮小の道を歩んできている。

 

つまり、人々はお金をつかわず抱え込むことばかりしてきているのだ。

 

だから、日本経済はさっぱり成長せず、将来不安がどんどん高まる悪循環と
なっているというわけさ。

 

「PR」

株式投資で圧倒的多数の敗者が陥る謎
「なぜ、こんな高値を掴むのか」

多くの個人投資家は何の分析も計画も
なく欲と値ごろ感だけで株を買う。

では、ローリスクで大きな利幅を狙う
株式投資を実現するにはどうすれば?

今、初心者でも株で大きく稼ぐための
オンライン株式動画合計10本が
無料で得られる。

しかも、170Pのボリュームがある
電子書籍まで無料プレゼントなので
すぐに手に入れておくべきだろう。

まずはこのシンプルな問題を簡単に
答えられるか試してみることだ。

下記より。

スポンサーリンク

-頑固おやじ澤上篤人の長期投資
-, ,