そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

金正恩・北朝鮮第一書記が『水爆保有』に言及

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「金正恩・北朝鮮第一書記が『水爆保有』に言及」です。

⇒その理由は……:
 ─「歴史」とは書かれて初めて歴史になります。
  それは「事実」とは異なります。

 ─書かれない事実には、そうされない理由があるのです。
  余りにも根幹にある事実であるため、書くことが出来ないのです。

 ─それを知らずに私たちは普段暮らしています。
  そうした事実があたかも無いかのようにして暮らすのです。

 ─その結果見えて来る世界は虚構です。
  それでも通常であれば何ら問題は無いのです。

 ─問題は虚構の「切れ目」が生じる時に噴出します。
  理解出来ない事実が厳然と姿を現すからです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

北朝鮮の金正恩・第一書記が「水爆保有」に言及しました。

米国を対話の席に引き摺り出すことが目的と報じられています。

なぜ米国とだけ対話しなければならないのか。

我が国と交渉し、拉致被害者を返そうとはしないのか。

通常であれば「単なる悪意による」と考えがちです。

しかしそれでも解せない点が多々あるのです。

解せないのには理由が無論あります。

それは本当の事実が書かれず、知られていないからです。

北朝鮮を巡る本当の事実。

これが明らかになる時、世界史は次のフェーズに向かうのです。

一体何が真実であるのか。

その先には何が待っているのか。

・・・いよいよ“その時”が到来しつつあります。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-,