そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

ふくおかFGと十八銀行が統合へ

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「ふくおかFGと十八銀行が統合へ」です。

⇒その理由は……:
 ─物事が動いた時、対処の仕方は2つあります。
  さらにその先を取った動きをするか、あるいは何もしないか、です。

 ─もっともこれらはいずれも更に二つにそれぞれ分かれます。
  自らを律するために先んじるか、あるいは不動となるというのが一つ。

 ─そしてもう一つは、何も考えていないからこそ不動。
  あるいは考えすぎたが故に先走ってしまうことです。

 ─これらは似ているように見えますが、根本において違います。
  自然(じねん)への適応、と言う観点においてです。

 ─不自然なのが後2者なのです。
  思考停止も、過剰な思考も正解は導き出しません。

 ─大切なのは変化の度に自省することです。
  自省によって、己を律していくのです。

 ─それしかありません、本当の生き残りのためには。
  しかしこれが意外に難しい、そう実に難しいのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

九州の地銀が激しく揺れ動いています。

ふくおかFGと十八銀行が統合すると報じられています。

マイナス金利の導入によって揺れる我が国銀行セクター。

そこでもっとも消極的な打ち手が「統合」によるロス解消です。

お互いに破滅的な低金利で他県に乗り込むのを止めるわけです。

確かにこれで当座はしのげるはず。

しかしながら問題の焦点はそこ、ではないのです。

大事なのは「そこから先」なのです。

本当に必要なのは、新規産業が勃興することへのサポートです。

その最前線に地銀勢が立てるのかどうか。

勝負所は既に訪れています。

そのことを認識したリーダーだけが生き残ることができます。

無策でもなく、いきむのでもなく。

自然(じねん)に沿って前に進んでいくこと。

それが・・・これからの道のり、です。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-,