そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

仮想通貨の流通量が米投資銀行の資産総額を越える

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「仮想通貨の流通量が米投資銀行の資産総額を越える」です。

⇒その理由は……:

─バブルとは何か?
それは「起きるもの」ではなく、「起こすもの」です。

─すなわちそれは人為的なもの現象なのです。
そしてその時に一つだけカギがあります。

─「全員参加」にするということです。
このことを私たちは普段忘れがちなのです。

─老若男女、全員が参加させられるのです。
その結果、バブルとなります。

─結局、劣者が情報リテラシーについても乏しいのです。
最後は転売可能性のないものをつかまされ、自沈します。

─そのためには「全員参加」なのです。
そしてそれに向けたチケットが用意されます。

─いつもそう、なのです。
繰り返しそう、なのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

仮想通貨の流通量が日に日に増加しています。

莫大な量になっているのです。

その結果、いよいよアメリカの投資銀行の規模を越えたといいます。

一つの象徴的なハードルを跳躍したわけです。

なぜ仮想通貨なのか。

そのためのデヴァイスが全員に配られているからです。

仮想はあくまでも仮想です。

「ある目的」のためだけに仮想空間でばらまかれるのです。

それではこの「目的」とは何か。

なぜ密やかに語られなければならないのか。

・・・いよいよ、です。

不可逆的な「バブル」なのです。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-