そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

成功哲学

仕事に悩んだときこそ知っておくべき基本の大切さ

2017/04/29

日本一のマグロ産地、
青森県大間には、

【神様】

と言われる漁師がいます。

 

大間といえば、
以前、マグロの初セリ5,649万円という
史上最高価格を叩きだしたことでも話題になりました。

 

その大間で、
既に61歳という年齢にも関わらず、
トップレベルの水揚げ高を誇る怪物。

 

その方の名は、
「山崎 倉(おさむ)」さんと言います。

 

マグロ釣りは、
大海原で300キロのマグロを
釣り糸一本で釣る、

いわば、バクチです。

1週間に1本釣れれば、万々歳。
何ヶ月も釣れないこともザラ。

今では神様と言われる山崎さんもかつて

---------------------------------
「110日間にも渡って1頭も釣れない」
---------------------------------

という"生き地獄"を味わったそうです。

周りは釣れているのに
自分だけ釣れない。

家族を路頭に迷わせてしまう不安。
2度と釣れないのではないかという恐怖。

そういった感情に押し潰されそうになりながらも、
必死でマグロを追いかけ続けたのです。

 

そして111日目。

ついに、山崎さんは地獄の日々から解放されました。

なんと、

「200キロの大マグロ」

を釣り上げたのです。

大間のマグロは伝統ブランド。

200キロもあれば、
数千万の価格がつくこともある大物。

文句なしの「大当たり」でした。
神様はとうとう地獄から生還できたのです。

 

スポンサーリンク

---------------------------------
出来ることは、全てやる
---------------------------------

釣れなければ無一文。
釣れればいきなり大儲け。

そんなバクチのようなマグロ漁において大事なことは、

「あらゆることを余念なくやること」

と、山崎さんは言います。

 

一発大逆転のようなものを期待するのではなく、
当たり前とも思われるひとつひとつの仕事を
きっちり丁寧に行うことが大事なのです。

 

日々の技術や道具の改良はもちろん、
時化(しけ)の日でも
出られるときは必ず沖に出て漁をする。

 

大時化で漁に出られないときは、
船の点検に精を出す。

そして、天命を待つ。

 

あらがいようのない
自然相手だからこそ、
自分の出来る範囲をやり尽くすそうです。

---------------------------------
全ては、結果。
---------------------------------

もしあなたが仕事において、

「今やっていることが本当に正しいのか分からない」
「このやり方で成果がでるかどうか分からない」

と悩んでいるなら、
今やっているあらゆることを
しっかりやってみることから
始めてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、

1本の電話
1通のメール
1枚の企画書
1件の打ち合わせ
1回のセールス

その基本であるひとつひとつ、
当たり前と思われることをやり尽くしてみる。

 

そういった積み重ねで
何らかの結果が出たら、
それをもとにまた改善。

 

マグロ釣りの神様である山崎さんが、
日々できることをやり尽くすのと同じように、

仕事においてもひとつひとつの仕事を
きっちりと積み重ねることが
結局は成功への一番の近道かもしれません。

スポンサーリンク

-成功哲学
-,