そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

頑固おやじ澤上篤人の長期投資

毎月積立投資の有用性と注意点

2017/04/16

投信の毎月積立購入という仕組みがあるじゃない。

 

あれって、財産づくりにものすごく有利な制度なのよ。

 

だから、オレんとこのさわかみファンドが日本で初めて導入したってわけ。

 

そんな仕組みなんて存在しなかったから、いろいろな苦労したけどね。

 

おそらくだが、世界にもないと思うよ。

 

だって、毎月積立て購入サービスを提供する投信会社の方は、
あれこれと負担がかかるからね。

でも、投資家の立場からすると、この制度は利用しない手はない、すぐれものなのよ。

 

いろいろな利点がある。

 

第1に、投資のタイミングや相場動向など気にせずに、
長期の財産づくりを進められること。

 

毎月決められた日に自分で定めた金額が、自分の預金口座から
自動的に引落されて、ファンド購入に向けられる。

もう、半強制的にだ。

 

自分で購入しようなんて思っていると、暴落相場とかに遭遇するや購入をためらってしまうもの。

どうしようかと迷ったりしてね。

 

ところが、積立て購入だと自動的にファンドを買ってくれるから、暴落相場でためらうこともない。

 

結果的に、最高の買いができてしまう。

───────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────

第2に、下げ相場や暴落相場でも自動的に買ってくれることで、
投信の購入口数を大きく増やすことになる。

 

投信購入による財産づくりは、すでに購入した口数が多くなればなるほど、
それに基準価額を掛けた時価評価は大きくなる。

 

投信の積立て購入のすごいところは、下げ相場ほど強みを発揮してくれるところにあるのだ。

普通の投資では、下げ相場は嫌なものだがね。

 

第3に、しばらく積立て購入を続けて購入口数が積み上がってくると、
上昇相場においても平均の購入価格はゆっくりとした上昇となる。

 

ということは、時価と平均購入価格との差がどんどん開き、
それだけ評価益が大きくなるってわけ。

 

第4に、毎月1万円でも2万円でも積立て購入を続けて20年もすると、
びっくりするほどの財産づくりとなってしまう。

 

チリも積もれば山となるというが、本当に財産の山となってしまうもの。

こんなにも殖えるものかと驚くよ。

ひとつだけ要注意は、本格的な長期運用をしてくれる長期保有型の投信を選ぶこと。

 

日本の投信に一般的な平均寿命が3年ぐらいのものなどで、
毎月積立てをやってはいけない。

また、運用が相場追いかけ型の投信も敬遠しよう。

下げ相場で運用が逃げを打ったら、将来の成績向上も限定的となる。

 

「PR」

株式投資で圧倒的多数の敗者が陥る謎
「なぜ、こんな高値を掴むのか」

多くの個人投資家は何の分析も計画も
なく欲と値ごろ感だけで株を買う。

では、ローリスクで大きな利幅を狙う
株式投資を実現するにはどうすれば?

今、初心者でも株で大きく稼ぐための
オンライン株式動画合計10本が
無料で得られる。

しかも、170Pのボリュームがある
電子書籍まで無料プレゼントなので
すぐに手に入れておくべきだろう。

まずはこのシンプルな問題を簡単に
答えられるか試してみることだ。

下記より。

スポンサーリンク

-頑固おやじ澤上篤人の長期投資
-, ,