そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

ニューヨーク為替マーケットで一時、1ドル=107円台の円高

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「ニューヨーク為替マーケットで一時、1ドル=107円台の円高」です。

⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、森羅万象、そして宇宙までをも律する「復元力の原則」です。

 ─すなわち永遠に「上がる」ものはないのです。
  他方で永遠に「下がる」ものもありません。

 ─大切なのは、今起きている現象の裏側で進む「潜象」を掴み取ること。
  そのことによって全てを”想定内“に収めることが出来ます。

 ─また、極端に一方向に動いたならば、警戒すべきなのです。
  「真逆に今度は急激に動くのではないか」という警戒です。

 ─現象と潜象。
  この振り子の原理を知った者だけが、未来を切り開いて行きます。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────

昨晩(7日夜 日本時間)、ニューヨーク為替マーケットで円ドル・レートが
また新しい展開を見せました。

1ドル=107円台に一時突入したのです。

元来ならば「円安」になるはずのマイナス金利なのです。

ところが事態は真逆に動いています。

日本銀行の「無能さ」を説く者すら現れています。

しかし本当のところ、何が起きているのでしょうか。

急激な動きは、必ずその反作用を伴います。

作用と反作用の連鎖こそが、全ての実態なのです。

したがって急激な円高の向こう側にあるものも見えています。

それが見えるか見えないか。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-