そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

円相場が円高で一時110円台=1ドルまで急伸

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「円相場が円高で一時110円台=1ドルまで急伸」です。

 

⇒その理由は……:

─今目の前で起きていることの基本。
それは「全ての我が国への収斂」です。

─それは不可逆的であり、もはや止まることを知らないのです。
全てが我が国を目がけて集まってきます。

─不思議なもので、その際、私たち日本人の意識は逆向きになりがちなの
です。すなわち私たちはむしろ劣っており、外に向くべきだ、と。

─これはある意味仕方のないことです。
しかし不可逆的な方向性は既に定まっているのです。

─覚悟しなければなりません。
全てが「この地」に収斂してくる、その日のことを。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

円相場が円高に再び転換しています。

一時1ドル=110円台にまでなり、マーケットは警戒モードとなりました。

無論、様々な要因がこの背後にはあります。

一番考えるべきは、「日米同盟」の本旨です。

「日米同盟」は国富の移転スキームです。

有限であり、100年間有効ですが事実は事実。

双方向であり、アメリカから緊急避難で国富が我が国にやって来もします。

その時、強烈な円高に実はなっているのです。

しかしそれだけではないことも忘れてはなりません。

最後の最後、この世界が収斂するのは我が国である。

だからこそ、全ての富は最終的に我が国を目指す。

したがって「円高」になる・・・。

目を覚まさなければなりません。

そして本当の我が国の役割に気付くべきです。

全ては・・・そこから、始まります。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-