そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

米USA Today紙がLA Times紙に買収提案

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「米USA Today紙がLA Times紙に買収提案」です。

⇒その理由は……:

 ─「破壊と創造」
  これがマーケット、そして人類社会そのものの基本です。

 ─なぜならば「創造」は「破壊」を前提としているからです。
  そしてまた逆も真なり、なのです。

 ─最初は全て混とんであった。
  そこに秩序が生まれる、というところから世界が始まるわけです。

 ─古今東西、「始まり」はその様に描かれます。
  創造とは秩序が出来ること、なのです。

 ─ところがエントロピー増大の法則によって秩序は必ず崩壊します。
  何をしても、何を企てても、なのです。

 ─そのことを「破壊」と呼びます。
  人為的でないように見えるものは「崩壊」と呼びます。

 ─しかしこれら二つは本質において同じなのです。
  秩序が創り上げられ、その後、壊れていくということの繰り返しです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

アメリカにおいて有力新聞社同士のM&Aが加速し始めています。

超有名紙であるUSA TodayとLA Timesすらその俎上に上がっています。

大事なことは、こうした事態を控え、誰が何をしていたのか、なのです。

あからじめ、どういった備えをしていたのかを知るべきです。

ウォーレン・バフェットという「伝説の投資家」がいます。

彼が、ここに来てもっとも好んで投資対象としていたもの。

それは「石炭」と「地方新聞社」です。

いずれも崩落のプロセスを程なくして辿り始めました。

そうはいっても生き残る企業はいるのです。

そこに全てが収斂=M&Aされていく。

その瞬間に、「伝説の投資家」は動くのです。

静かに保持していた株式を売り渡すのです。

名目は「この名門企業のブランドと雇用を守るために」と。

実際には莫大な利益をあげるのです。

“あらかじめ知っている人”と”知らない人“の差がここにあります。

それでは前者は今、何に向かっているのか。

次のフェーズが・・・いよいよ始まりました。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-