そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

国連女子差別撤廃委員会が我が国の皇室典範見直し要求

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「国連女子差別撤廃委員会が我が国の皇室典範見直し要求」です。

⇒その理由は……:

 ─今起きていることの基本。
  それは「日本VS.それ以外の全て」であるということです。

 ─つまり我が国はそれ以外とは完全に異質なのです。
  このことを事実として踏まえる必要があります。

 ─そしてそのことには深い理由があるのです。
  ところが私たち日本人はそのことを全く意識してはいないのです。

 ─旧来の秩序が大きく変わる時。
  「次」を打ち出すのは辺境の民です。

 ─それまでの主流からは完全に外されていた存在。
  そうした存在だけが「次」を打ち出すことが出来るのです。

 ─我が国が果たすべき本当の役割はここにあります。
  だからこそ「他とは全く異なっている」のです。

 ─「その他」からすると我が国はどう見えるのか。
  侮蔑すべき存在であり、同時に畏怖の対象でもある。

 ─このことを忘れてはなりません。
  それが国際交誼の大前提なのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

国連で我が国が槍玉に挙げられています。

「女子差別」として皇室典範の見直しを求められているのです。

我が国の国制の根本にかかわる事項です。

ところがそこになぜ刃をあてたのか。

なぜならばこの一点にこそ、我が国の根幹があるからです。

我が国を打ち崩そうというのであればこの一点を突けば宜しい。

そのことを彼らは知っているのです。

仔細に知っているからこそ、こうした動きに出た。

戦いは既に始まっているのです。

そのことを踏まえなければ、殲滅されます。

意思ある者だけが生き残るのです。

そして意思あるところ、貫徹する、なのです。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢