そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

キューバでトランプ米大統領候補が人気を博しているとの報道

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「キューバでトランプ米大統領候補が人気を博しているとの報道」です。

ドナルドトランプ

 

⇒その理由は……:

─「全ては偶然ではなく、必然である。自分は賭けても良い」
フランクリン・D・ローズヴェルト米大統領の言葉です。

─全てが因果律で連なっている。
そのことを、この言葉は指し示しています。

─しかし、それ以上の含意がこの言葉にはあるのです。
インテリジェンス機関による非公然活動(covert action)の存在です。

─一見すると必然的な流れのように見える。
ところがそうではないことがある段階から明らかになる。

─そうした流れを創り出すことも、彼らの重要な任務です。
「都合が悪い現実は変えてしまう」というのが彼らの役割なのです。

─しかも超国家的な存在が持つインテリジェンス機関も存在します。
そのことが事態をややこしくしています。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

アメリカが国交正常化に踏み出したキューバ。

そのキューバでトランプ米大統領候補が人気を博しています。

「開放」支持の姿勢が顕著だからだといいます。

本当にそれだけなのでしょうか。

局面だけでは解を導けない時にどうするか。

全体像からアプローチするしかありません。

その時見えて来るのは今、ただ一つ。

「パナマ・ショック」です。

全世界のグローバル・マクロ(国際的な資金循環)が動揺しています。

その中で、キューバがいかなる役割を与えられるのか。

それが本当の焦点なのです。

さて、どうなるのか。

全ては・・・偶然、ではないのです。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-