そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

ブラジルにおいてルセフ大統領弾劾を下院で可決

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「ブラジルにおいてルセフ大統領弾劾を下院で可決」です。

⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、森羅万象、そして宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─一方的に上がり続ける存在はこの世にないのです。
  必ず「下げ」を伴います。

 ─問題はそれでも私たちは「上がる」と信じてやまないという点なのです。
  下げ、すなわち”冬“への用意を怠ってしまいます。

 ─その結果、悲劇が生じるのです。
  逆向きへと動く中、全てが淘汰されていきます。

 ─大事なことはしたがって復元力の原則でものを観ることなのです。
  それ以上でも、それ以下でもありません。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

エマージング・マーケットの雄であるブラジル。

そのブラジルで大統領の弾劾が議会(下院)で決議されました。

国家元首が血統に依らないばあい、弾劾が行われ得ます。

しかしながらブラジルほどの大国での弾劾は稀なのです。

ブラジルはこれまで資源国としてスポイルされてきました。

国際会議に行くと上席を与えられ、満足気でした。

ところがそこから状況は一変したのです。

続く資源安の中で国民生活は困窮しています。

その結果、これまでの利権構造への糾弾が行われ始めたのです。

それがついに「大統領弾劾」として形を現したわけです。

もっともこの動きの余波は続くはずです。

とりわけリオ・デ・ジャネイロ夏季五輪は本当に行われるのか?

・・・ブラジルの「暑い季節」は続きます。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-