そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

我が国において小売の8割が今期増益

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「我が国において小売の8割が今期増益」です。

 

⇒その理由は……:

─今起きている本当のこと。
それは聖書の一節にあること、です。

―「持っている者はますます豊かになる」
「持たざる者は着ているものまで失う」

―これが人類社会における通常なのです。
それをこの150年間はあえて変更してきました。

―なぜか。
それは温暖期だったからです。

―温かい時期なので人々が活発に活動し、旺盛に消費した。
消費をさせるために中間階層なるものを作った。

―「中間層」に当事者意識を植え付けるため、民主主義を始めた。
そして国富を山分けする仕組みを作った。

―要するにただそれだけのこと、なのです。
そう「ただそれだけのこと」なのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

我が国において今期、小売業が好調だと報じてれています。

8割が増益だというのです。

問題はその際の「売れ方」なのです。

“メリハリ”のついた消費に転じていると報じられています。

要するに「持っている者」はメリハリをつけられているのです。

使う時には豪勢に使うことも可能なのです。

これに対して「持たざる者」は違います。

豪勢に使うための原資がないのです。

したがって“メリハリ”とは結局、富者の行動なのです。

富者は消費に際して賢く、勢いつけて買う時とそれ以外を区別します。

だからそう、なのです。

それだけのこと、なのです。

我が国における「一億総中流」という幻想。

それが幻想であることが正に分かったのです。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-,