そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

人民元が対米ドルで4年4か月ぶりの安値に下落

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「人民元が対米ドルで4年4か月ぶりの安値に下落」です。

⇒その理由は……:
 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─すなわち「下がったもの」は「上がる」のです。
  米欧の統治エリートたちはこの原則を自ら巧みに用いています。

 ─人為的に行う場合、「上げる」ためにはまず「下げる」のです。
  そのために時に、壮大な“演出”すら繰り広げられます。

 ─しかしその“演出”に幻惑されてはなりません。
  それはむしろ「逆向きへ動かす」ための作為に過ぎないのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

中国の人民元が「崩落」していると報じられています。

対米ドルで4年4か月ぶりの水準であるといいます。

こうした報道を素直に読むと「中国経済崩落」と思えてしまいます。

しかし”本当にそう“なのでしょうか。

米欧の統治エリート以上に「このこと」に敏感なのが華僑華人なのです。

復元力の原則を知り尽くし、これを巧みに用いてきたのも彼らです。

そうである以上、人民元の動きは不可思議と考えるべきです。

いや、それ以上に「その次」に向けた”演出“と考えるべきなのです。

突如として中国が「平成バブル」の様な状況に陥ったらばどうなるか。

全世界的なインパクトが生じる中、我が国についてはどうなのか。

いよいよ私たち日本人の類推力が試されつつあります。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-