そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

プーチン露大統領が日露首脳会談の実施を発表

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「プーチン露大統領が日露首脳会談の実施を発表」です。

⇒その理由は……:

 ─平時と有事。
  この違いが分かるのは実戦経験のある軍人だけです。

 ─一般には「平時」です。
  備えは出来るものの、結局は何も起きない状況です。

 ─これに対して「有事」は全く違います。
  正に常在戦場、何かが起き続けるのが当然な現場なわけです。

 ─厄介なのは「有事であるのに装いは平時」という状況があることです。
  この時、「平時」を前提としたコミュニケーションは完全に失敗します。

 ─なぜならば「武器を用いていない」だけでそこでも有事は有事だからです。
  そのことを見誤ると対応を完全に間違えることになります。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

日露首脳会談の実施が発表されました。

5月6日、場所はロシアの保養地ソチにおいて、です。

当然、我が国の安倍晋三総理大臣は「平時」の外交としてこれに臨みます。

首脳会談は外交であり、平時に行うべきものだからです。

ところが先方は違うのです。

平和条約が締結されていない以上、日露間は「有事」という認識です。

そのため、場合によっては相手の喉元に匕首を突き付けもするのです。

繰り返しになりますが、それは「有事」だからです。

プーチン露大統領は軍人であり「有事の人」です。

常在戦場を正に地で行っている人物なのです。

そこに「平時」の人・安倍晋三総理大臣がつっこんだらばどうなるのか。

私たちは程なくしてそれをまざまざと見ることになります。

繰り返し言います。

「平時を装った有事」こそ、一番厄介なのです。

それが・・・今、なのです。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-,