そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

原油価格の崩落によりインフレ率の低下が大恐慌以来の水準に

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「原油価格の崩落によりインフレ率の低下が大恐慌以来の水準に」です。

⇒その理由は……:
 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─つまり永遠に「下げ」はないわけです。
  必ずその後「上がり」ます。

 ─そして大切なことは米欧の統治エリートがこれを意識的に用いていると
  いう点なのです。そのことを前提に考え、動く必要があります。

 ─彼・彼女ら自身は真逆に既に動いているのです。
  だからこそ「高貴な嘘」をつきつつ、一つの方向へと我々を誘います。

 ─それについていくか否かは「自己責任」なのです。
  追い落とされるのも、また引き上げられるのもまた己が故、なのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

原油価格の崩落が続いています。

ついに1929年以降の大恐慌以来のレヴェルにまでなったといいます。

そうした中、1バレル=20ドルまで暴落するとの予測が広まっています。

かのゴールドマン・サックスが言っているわけです。

しかしこの手の予測は全て「たら・れば」であることに留意すべきです。

全てがそうしたことになる要因があるというわけです。

それら要因について変更するのが対外情報工作機関です。

そうした「実力」をも彼らは持ち合わせているわけです。

したがって平然と、そう、実に「平然」と見解を替えます。

それについて行けずに多くの者が私たちの中で振り落されていくのです。

そうした「現実」は再び私たちの眼前に首をもたげるはずです。

もう間もなく・・・です。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-