そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

オバマ米大統領がキューバを米大統領として88年ぶりに訪問

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「オバマ米大統領がキューバを米大統領として88年ぶりに訪問」です。

 

⇒その理由は……:

─「上げて、落とす」
これが米欧の統治エリートによる世界統治の基本です。

─なぜならばそうすることによって必ずまた浮上するからです。
使いでがある存在は「上げて」「落とす」を繰り返します。

─そうではない存在は徹底して無視するのです。
あるいは逆に「永遠の」順番待ちをさせます。

─そうした中で困るのは閉じこもる存在なのです。
閉じこもられると一切「上げ」も「下げ」も画策出来ない。

─そうであるからこそ「構造改革」を米欧はいずれも主張するのです。
それ以上でも、それ以下でもありません。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────

オバマ米大統領が米大統領としては88年ぶりにキューバを訪問しました。

「国交正常化」に踏み切った以上、当然のようにも見えます。

しかしこれまでの米キューバ関係を振り返るとそうではないのです。

これまでキューバは徹底した「アナグマ戦略」をとってきました。

つまり米国とは少なくとも表向き袂を分かってきたのです。

そしてそうすることで自らの「構造」を徹底して守ったのです。

これに風穴を開けたのは世俗ではなく、宗教のパワーでした。

バチカンが大いに努力し、両国の関係正常化を導いたのです。

いったいなぜなのでしょうか。

何がそうした努力を行う原動力になったのでしょうか。

・・・そこに“真実”があります。

それに焦点を絞って、現在進行形の流れを見るべきです。

なぜこのタイミングでキューバの「開国」が必要だったのか。

そこには一体何があるのか?

中南米がこれからの焦点になります。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-