そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

『次世代の党』が『日本のこころを大切にする党』へ党名変更

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「『次世代の党』が『日本のこころを大切にする党』へ党名変更」です。

⇒その理由は……:
 ─民主主義とは何か?
  その本質は金融にあります。

 ─「幻想の共同体」としての国民国家。
  それをなぜ創り出す必要があったのか、です。

 ─つまり前の秩序の主が損をする仕組みが出来るわけがないのです。
  必ず「今の秩序の主」が前の主に奉仕する仕組みになっています。

 ─そうである以上、市民革命の本質も通常の理解とは変わってきます。
  執政権を譲渡する代わりに、オーナーシップは維持する、です。

 ─民主主義の本質は実は非民主主義的な要素にある。
  これを認めない限り、何も見えては来ません。

 ─民主主義の舞台装置だけを見ても、何も出て来ないのです。
  なぜならばそれは単に「数合わせ」の連続だからです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

低迷が続く「次世代の党」が党名を変更しました。

もはや長くて何が言いたいのか分からない名前です。

結局は資金源の問題なのです。

それが枯渇すると現在の民主主義では敗北します。

動員力とは資金力なのです。

それ以上でも、それ以下でもありません。

したがってこうした党名変更などが横行するのです。

当事者には申し訳ないですが、大勢には影響がないからです。

なぜならば民主主義の本質は「非民主主義的要素」にあるからです。

民主主義という表の舞台装置からは見えて来ないものです。

そこが動く時、全てが動きます。

さもない限りは何も動かないのです。

「政党政治」である必然性もないのです。

「民主主義」も本来は不要なのです。

そのことが・・・間もなく分かるはずです。

全てが、そこから、始まります。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-,