そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

奈良・天理の古墳から未知の石室を発見

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「奈良・天理の古墳から未知の石室を発見」です。

奈良で石室発見

⇒その理由は……:

─「記述されていないことは存在しないことになる」
歴史の基本です。

─つまり”書かれていないこと“はイコール、不存在になるのです。
それだけ、「書くこと」には本質的な意味があります。

─逆に言えばこういうことです。
「存在することはイコール、書かれていることではない」と。

─考古学に発展の余地があるのはそのためです。
書かれていなければ、まだ「発見」と称することが出来るのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

奈良・天理の古墳で石室が新たに発見されました。

物部氏を葬ったのではないかと考えられています。

これまで発掘は行われていたはずなのです。

それなのになぜ「今」見つかったのかが重要です。

「不存在から存在へと変わる瞬間」が到来したということなのです。

“真実”が存在を許されることになったというわけなのです。

そのことの意味を考える必要があります。

つまり、表舞台から消し去られた物部という存在が何を意味するのか、です。

我が国に暮らす私たち日本人たちの魂の二重性。

それに深く関わっている事柄でもあります。

静謐と均整さ。

それと同時に躍動とバッカス。

後者がいよいよ存在を許され始めたのです。

その象徴が「葬られた物部」だからです。

さて、どうなるか。

・・・熟考した者のみに、次があります。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-