そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

ロヒンギャ問題について国連がミャンマーを非難

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「ロヒンギャ問題について国連がミャンマーを非難」です。

 

⇒その理由は……:

─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
マーケット、自然(じねん)から宇宙までをも律する復元力の法則です。

―つまり一方向で物事が進むということはあり得ないのです。
必ず反転の瞬間が来、そして怒涛の如く逆流して行きます。

―既に顕現した動きは危ういのです。
なぜならば顕現した姿の向こう側に潜象が見え隠れするからです。

―それが見えないと怒涛に巻き込まれます。
このことこそが・・・真実、なのです。

―悲しいかな、私たちは遂に、「これまでどおり」と思います。
その心の隙を突かれる形で、全てを失うことになるのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

ミャンマーが国連で非難されています。

「人道に対する罪」まで言及されているのです。

対象となっているのは少数民族に対する弾圧です。

そもそもそうした問題すら余りこれまでは語られてきませんでした。

「問題は既にあるのではなく、問題視するから問題なのだ」

そのことを踏まえれば、一体誰がこれを言い出したのかがカギです。

そのカギを握るものたちは何をしたいのか。

ミャンマーを「反転」させた結果、何が生じるのか?

いよいよ・・・その時、が訪れつつあります。

その先での生き残りをかけて。

前に進んで行きましょう。

慢心は、許されません。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-,