そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

ムニューチン米財務長官がIMFに厳格な通貨監視を要請

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「ムニューチン米財務長官がIMFに厳格な通貨監視を要請」です。

 

⇒その理由は……:

─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
マーケット、そして森羅万象から宇宙にまで及ぶ復元力の原則です。

―一方的に上がることはないのです。
同時に下がる一方ということもありません。

―「作用」には必ず「反作用」が伴うのです。
そのことを踏まえておく必要があります。

―しかも短期・中期・長期についてそうなのです。
三つのサイクルが入り乱れて一見したところ分かりません。

―しかしそれは「真実」なのです。
そのことをきっちりと踏まえておく必要があります。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────
アメリカが「通貨の更なる監視」を国際通貨基金(IMF)に要請しました。

その含意は明らかです。

「米ドルを強くする」ということなのです。

金利高も容認するということを示唆しています。

そうである以上、まず日本円はどうなるのか。

反射的効果でどの様に動くのか・・・。

今、この点についての思考が求められています。

同時にそれ以外の通貨についても変動がまたぞろ生じてきます。

結果として何が動くことになるのか。

波及効果はどこまで及ぶのか。

「いよいよ」という感が強くしています。

日本バブル第2弾、すなわち資産バブルがあらためて始まるのです。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-,