そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

黒田東彦・日銀総裁が“中央銀行による仮想通貨”に引き続き関心

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「黒田東彦・日銀総裁が“中央銀行による仮想通貨”に引き続き関心」です。

⇒その理由は……:

─「今起きている本当のこと」
それは“全ての枠組みを変える”ことです。

―なぜかと言えば、そうしないと人類全体が大惨禍に陥るからです。
「それ」とは分からない形で作業が進められています。

―結果として収まるのであればそれで良いのです。
その結果、普通には「真実」が表で語られることなく推移します。

―金融マーケットにおいては正にそうなのです。
「今起きている本当のこと」がそれとして語られることはないのです。

―その結果、進んでいるのが「選別」なのです。
センスのある者だけが残ることを許されるのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

我が国で黒田東彦・日銀総裁が「仮想通貨」についてまた発言しました。

「中央銀行としても不断の研究をする」というのです。

そもそも仮想通貨では「中央銀行」は不要なのです。

ところがその「研究」を常に行うべきだという。

果たして真意はどこにあるのでしょうか。

「参画」か、それとも「抑圧」なのか。

一つだけ言えるのは「既存の枠組み」が変わる時だということです。

「まさか」が現実になります。

その典型が通貨であり、金融なのです。

その前提の上に立った発言であることを知るべきです。

さて、どうなりますか・・・。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-, ,