そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

金正男殺害について北朝鮮が反論

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「『金正男殺害』について北朝鮮が反論」です。

 

⇒その理由は……:

─「ポスト真実」という言葉があります。
「本当の真実性ではなく、声高か否かが真実性を決める」というものです。

─今や時代は「ポスト真実」の時代です。
結局、何が真実であるのかが混濁し始めています。

─忘れてはならないのは、それが誰かの意図によるということなのです。
偶然で生じている混濁ではないわけです。

─そして真実性が確認出来ない以上、全てが曖昧になるのです。
曖昧さはボラティリティーをもたらします。

─そう、このボラティリティーこそ狙いなのです。
「真実」を求めて私たちは逃げまどいます。

─その陰で誰が利得を得ているのか。
冷静に見据えていかなければなりません。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

北朝鮮が「金正男」殺害について反論しました。

「今こそ合同捜査が必要だ」というのです。

一方的に国際的な非難を浴びたくないということなのです。

しかし「オオカミ少年」に対する支援の声が乏しいのは事実です。

「ポスト真実の時代」の恐ろしさは正にここにあります。

絶大なる存在こそが「演出」をすればそれが真実になるのです。

喧噪の様に見えて声の小さな者は全てそこで抹殺されます。

「真実ではない」「フェイクだ」というわけです。

それでもなお「真実」を求めるためにはどうすればよいのか。

・・・”情報リテラシー“の時代がついに訪れています。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-