そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

カザフスタンで軍施設襲撃事件が発生

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「カザフスタンで軍施設襲撃事件が発生」です。

⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、森羅万象、そして宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─すなわち、一方向で物事が進むことはあり得ないのです。
  なぜならば作用には反作用が伴うからです。

 ─したがって盤石なものに見えても、逆向きに転ずることをあらかじめ押さ
  えておくべきです。さもないと完全に振り落されます。

 ─逆に言うならば、そうならないための方策も必要なのです
  それがすなわち「中庸」を求め続けることです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

カザフスタンで軍襲撃事件が発生しました。

「新興宗教によるもの」とされています。

カザフスタンは旧ソ連崩壊後、巧みなかじ取りをしてきました。

ある時はアメリカ、そしてある時はロシアにすり寄って来たのです。

そして今、いわゆる「一帯一路」政策を展開する中国に接近しています。

またロシアとの関税同盟を締結したばかりです。

そんな時にいきなり内紛が生じているのです。

このことはカザフスタンが抱える暗部を照らし出しています。

なぜ不満分子が現れるのか。

何が不満なのか。

その背後に誰が何の意図をもって潜んでいるのか。

・・・つぶさに確認すべきです。

「確かなものはもはや一つもない、この世には」

そう覚悟を決めるべきです。

そのことを、中央アジアからの新しい風が教えてくれています。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-