そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

『核開発疑惑は過去のものになった』とイラン外相が語る

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「『核開発疑惑は過去のものになった』とイラン外相が語る」です。

⇒その理由は……:
 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、森羅万象、そして宇宙までをも貫く復元力の原則です。

 ─米欧の統治エリートはこの原則を己のものとしています。
  つまり動かぬ現実を動かすために巧みに用いているのです。

 ─そのためにすること。
  それはまずもって「下げる」ことです。

 ─難癖をつけて各国を貶めるのはそのせいです。
  その結果、まずは徹底した破壊を行います。

 ─すると不思議なもので「再生」に向けて芽吹いてくるのです。
  しかも従前よりも遥かに力強く、です。

 ─そして「上げ」のフェーズがやってきます。
  このことの繰り返し、なのです。

 ─世界史の本質は結局ここにあります。
  中庸の視点から見るならば自ずから明らかなのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

イランが自国の「核疑惑」は晴れたと言い始めています。

実に35年近くにわたる「破壊フェーズ」が終わったというわけです。

普通ならばこれにて大団円、のはずです。

本当でしょうか。

なぜならば「時間軸」の議論はまた別だからです。

急激に転換するというのであれば話は変わってきます。

すなわちこの瞬間の「上げ」は「下げ」をすぐに伴い得るのです。

その結果、次のフェーズへと再び突入して行きます。

この時、初めて私たちは気付くのです。

「時間軸がずれた」と。

クロノスと言う意味での時間軸は極限を求め始めています。

その中で全てが加速し始めているのです。

「イランはエマージング・マーケットの筆頭」

そう語られ始めたらば要注意です。

なぜならば・・・「崩落」が加速度的に到来するからです。

間違い、ありません。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-