そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

IoT機器へのサイバー攻撃が急増し、我が国政府が防衛策を検討

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「IoT機器へのサイバー攻撃が急増し、我が国政府が防衛策を検討」です。

 

⇒その理由は……:

─今、米欧の統治エリートらが最も危惧していること。
それは太陽活動の激変に伴うデフレ縮小化の加速度的な進展です。

─人知を超えた世界の出来事が課題であるというわけです。
しかし手をこまねいて見ているわけにはいかないことも事実なのです。

─そのため、あの手この手を打ってきています。
逆算すると約100年前から様々な手段が講じられてきています。

─その際、最も重要な眼目は如何にして乱高下を維持するか、なのです。
「混乱は無い方が良い」と私たちは普段考えています。

─しかしそうではないのです。
「混乱」が無ければ、マーケットは高下せず、利益が出ないのです。

─したがって混乱は必然的に“演出”されます。
そのことを決して忘れてはならないのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

我が国においてサイバー・セキュリティがまた課題になっています。

IoT、すなわち「モノのインターネット」が普及したからです。

これによって実に様々なモノがデータとして把握され始めています。

しかもほとんどタダでそのデータは利用できるようになっています。

こうした陳腐化による経済効果以上にインパクトが生じているのです。

それが、サイバー・セキュリティという問題です。

元来、インターネットにつながっていなかったモノたち。

それがつながった瞬間にリスクは一気に拡大します。

だから、それに対する防御策を講じる。

ところがこうした防御策を改めて打ち破る動きが出て来る。

正に「いたちごっこ」です。

そうした「いたちごっこ」こそ、眼目であるならばどうなるのか。

“永遠の旅”にいよいよ人類は出始めました。

果たしていつまで続くのか。

“その時”は既に到来しています。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-