そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

日立と佐川が物流提携

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「日立と佐川が物流提携」です。

⇒その理由は……:

 ─今起きていることの本質。
  それは太陽活動の異変を契機とするデフレ縮小化です。

 ─最終的に、経済は縮小して行くのです。
  それを控えて如何に動くべきなのかを早急に考えるべきです。

 ─その際、最も行われるであろうこと。
  それは「人減らし」です。

 ─企業経営の大敵は固定費を増やすことだからです。
  固定費を増大させると、いざという時に逃げ道がなくなります。

 ─そのため、変動費へと極力整理するのです。
  それ以上にそもそもその費用を大幅に削減します。

 ─人工知能(AI)はそのために存在するのです。
  これから多くの「仕事」が人間の手から失われて行きます。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

日立と佐川急便が業務提携すると報道されています。

技術と物流が本格的に融合していくわけです。

そこで見えてきているイメージはただ一つ。

「人口知能(AI)を駆使した物流ネットワーク」です。

無論、これは迅速かつ便利かもしれません。

しかしその結果、雇用の受け皿が最終的に失われかねません。

インターネット、デジタル化。

これらは実は企業の大敵「固定費」を削減するため、なのです。

それ以上でもそれ以下でもない。

幻想を思い描くべきではないのです。

そしてその方向へと着実に今、向かい始めました。

その先にあるのは一体何なのか?


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-