そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

我が国の経済財政諮問会議で民間議員が財政出動を主張

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「我が国の経済財政諮問会議で民間議員が財政出動を主張」です。

⇒その理由は……:

 ─破壊と創造。
  これは一つの組みです。

 ─すなわち片側だけで成り立つものではないのです。
  「破壊があるから創造があり」、「創造があるから破壊がある」のです。

 ─しかし私たちはつい、このことを忘れてしまいます。
  脳内が省力化を旨とするプログラミングをされているからです。

 ─そのため、一つの枠組みが創造されるとこれを墨守します。
  そして破壊には徹底して抵抗しようとするのです。

 ─これを制するために必要なのがトリック・スターなのです。
  その役割を負うものは常に一歩先を動いています。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

我が国の経済財政諮問会議における議論が明らかにされました。

民間議員から「財政出動」の要望が出されたというのです。

財政出動はイコール、官僚たちの権限を増やすことを意味します。

なぜならば予算増とは法令の増大を意味し、それが構造を造るからです。

経済財政諮問会議というと一頃まで規制閑話のみを議論していました。

ところがそれが一転して「構造の創造」を主張しているのです。

真逆に動き始めた訳は一体何でしょうか。

公的債務残高が膨れ上がっている今、更なる財政出動とは。

「徹底した破壊」に今こそ備える必要があります。

”その時“のためにはそれがまた不可欠でもあるのです。

それが一体”何時“なのか。

考えるべき時が到来しました、ついに。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-