そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

福島第一原発における凍土壁計画が承認される

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「福島第一原発における凍土壁計画が承認される」です。

 

⇒その理由は……:

─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

─すなわち「上がる」ためには「下がる」のです。
後者の勢いが、前者の勢いをも規定します。

─したがって「上げ」の前の「下げ」は時にすさまじいのです。
何をしても止まらないスピードになることもあります。

─その結果、何が生じるのか。
実は「上げ」なのです。

─復元力の原則は変わることがありません。
したがってそうした「現実」を十分踏まえておく必要があるのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

福島第一原発を巡り新たな動きがありました。

原子力規制委員会が凍土壁計画を承認したのです。

止まらないトリチウム汚染水。

これを止めるために「凍土」を用いるのだと言います。

余りにも滑稽な話ではあります。

なぜならば「水」に触れれば「氷」は解けるからです。

ところがこうした滑稽なストーリーであっても真面目にやっている。

それが我が国の「現実」なのです。

誰も止めることが出来ない。

なぜそうなのかも、全く分からない。

理由はただ一つです。

「作用」が生じているからです。

そしてそれは全て「反作用」のため。

つまり現下の強烈な「下げ」は全て今後の「上げ」のためなのです。

両者が転換する時、それに関わる人々も全て入れ替わります。

それは時に悲劇ではありますが、致し方のないことでもあります。

いよいよ・・・なのです。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-