そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

フェイスブックCEOが時価5.5兆円相当の自社株を寄付

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「フェイスブックCEOが時価5.5兆円相当の自社株を寄付」です。

⇒その理由は……:
 ─マーケットにおいては「フェイスの良い人物」という言い方があります。
  実際には何もせず、しかし対外的な代表の役割だけをする人物です。

 ─無論、表向きはそれらしい説明をします。
  「創業」の努力についてもアピールします。

 ─しかしいかんせん無理があるわけです。
  「一人」で出来るわけはないのです。

 ─そうである以上、背景装置が必要です。
  そしてこれを支える強大な人脈も不可欠なのです。

 ─これら全てが支える中で舞台は素早く進展していきます。
  そこで役者として演じ切るのが「フェイスの良い人物」なのです。

 ─しかしながら舞台が終われば、要するに無用となるのがこの人物です。
  それ以上でも、それ以下でもない、ただそれだけの人物です。

 ─そうであるにもかかわらず、その場に居続けるとどうなるか。
  「淘汰」の嵐にさらされることになります。

 ─そうなる前に脱兎のごとく逃げる。
  しかも当然の報酬を得る形で。

 ─これが王道なのです。
  「フェイスの良い人物」の末路は常にそうです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

ザッカーバーグ・フェイスブックCEOが巨額な寄付をアナウンスしました。

保有している自社株の99パーセントを寄付するというのです。

「ギフト・エコノミーの始まりだ」などと称賛する声があります。

これは全くもって現実を知らぬ者の戯言です。

今、国際金融資本は「包含的資本主義」を盛んに説いているのです。

つまり「儲けたらばその分、社会・政治に還元せよ」というのです。

当然これまでもかなりの金額でCSRは行われてきました。

これを遥かに超えるレヴェルで行えというわけです。

多くの企業が逡巡する中、さっそうと動き出した男がいます。

ザッカーバーグ・フェイスブックCEOです。

彼はそうすることできっちりと役割を果たしたのです。

そしてしっかりと「社会的名声」という対価を得ました。

決して「ギフト・エコノミー」などではないのです。

「フェイスの良い人物」の役割が着実に執行されただけなのです。

それが真実です。

逆らうことが出来なかっただけなのです。

誤解しては・・・なりません。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-