そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

ドゥテルテ比大統領がヒトラー発言でユダヤ人に謝罪

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「ドゥテルテ比大統領がヒトラー発言でユダヤ人に謝罪」です。

⇒その理由は……:

 ─世界は三つの層から成っています。
  「表の世界」「裏の世界」そして「闇の世界」です。

 -「表の世界」はマスメディアの世界です。これに対して「闇の世界」はそれ
に飽き足らない人のためのインターネットの世界なのです。

 -しかしこれらはいずれも現実ではないわけです。
  なぜならば物事を本当に動かしているのは「闇の世界」だからです。

 -「闇」と何故いうのかというと、つながりが見えないからです。
  ある意味、異次元でつながっている人たちの集合体なのです。

 -別名「意味」とも、このつながりは良います。
  そしてこの“意味”をシェアする人々が一斉に動き出し、変わるのです。

 -したがって本当の世界史はこの深さでとらえなければなりません。
  「表」や「裏」はある意味、どうでも良いことなのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

フィリピンのドゥテルテ大統領がユダヤ人に謝罪しました。

自らの行いがヒトラーに例えられたことへ反駁したことへの謝罪です。

このことを単なる舌禍事件と見るのが一般的なのです。

「またしてもあの大統領が軽はずみな発言をした」というわけです。

本当にそうなのでしょうか。

そこに何らの戦略も無いのでしょうか。

「裏の世界」では全く異なる次元で物事が進んでいます。

フィリピンのリーダーシップとユダヤ人たちは話がついたのです。

というよりも、相互協力関係に立つことになった。

そのカギを握るのが「簿外資産」の動向なのです。

そしてその動向は「闇の世界」でつながる人にしかわからないのです。

最初からそうなっているというわけなのです。

いずれにせよ、「表」「裏」だけで世界を判断しては踏み外します。

なぜならばそれらは仮象だからです。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-