そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

トランプ米大統領候補の演説会に暴徒が乱入

2016/09/26

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「トランプ米大統領候補の演説会に暴徒が乱入」です。

⇒その理由は……:

 ─民主主義の本質。
  それは「ガス抜き」です。

 ─統べることとは「整えること」です。
  その根源は「切り棄てることで全体を温存すること」にあります。

 ─そうである以上、必ず偏在の問題が生じるのです。
  切り落とされる側は強烈に反発します。

 ─そのため、民主主義というマシーンが用いられるのです。
  「説得」ではなく「納得」へと導くためです。

 ─しかしゲームとは、ルールを決めた者たちが常に勝つようになっています。
  そうである以上、民主主義の勝敗を越えた存在が常に必要なのです。

 ─殴り合いをさせるだけさせて、結果的に最後の勝利は頂く。
  そうすることで最初から変わらぬ本当の構造が守られるのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

アメリカ大統領選挙がまた新たに厳しい局面を向けています。

「大人気」のトランプ候補(共和党)の演説会に暴徒が乱入していたのです。

いわゆるスーパー・チューズ・デーを控えての展開です。

トランプ候補にとっては大打撃であることは確かです。

過激化が進めば進むほど、穏健派には優位になります。

「政治に安定を求めるべき」という声が高まるからです。

その結果、誰に票が流れることになるはずです。

それではそこで勝利するのは一体誰なのか。

その背後にある「構造」を見据えながら考えたいと思います。

いよいよ・・・見えて来るタイミングなのです。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-