そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

東京海上と損保ジャパン日本興亜がブロックチェーン開発に参加

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「東京海上と損保ジャパン日本興亜がブロックチェーン開発に参加」です。

 

⇒その理由は……:

─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
マーケット、自然(じねん)から宇宙までをも律する復元力の原則です。

─大事なことは創造は破壊を伴うということなのです。
必ずそう、なのです。

─したがってまずは始まる「前」に関わる必要があります。
決して牛後になってはならないのです。

─私たちは普段、どうしても既存の枠組みにしがみつきがちです。
なぜならばそれの方が脳の消費エネルギーが少ないからです。

─その結果、必ず牛後になります。
それではいけない、のです。

─牛後になると、最終的には抜けられなくなります。
その結果、その物事の大崩壊に巻き込まれて行くのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

我が国の大手損保会社がブロックチェーン開発に乗り出しました。

国際的な取り組みに参画すると報じられています。

ブロックチェーンそのものは従前から存在していたのです。

そしてその基礎が確実に出来上がっていた。

それを見計らっての今回の決定なわけです。

他業界よりも早いかもしれませんが、「後発」であることは否めません。

しかも「日の丸」開発ではないのです。

国際的な開発スキームへの参画なのです。

“いつものパターン”としての不安がよぎります。

目先の利得を越えて、果たして本当にこの決定が利をもたらすのか。

米欧の統治エリートは静かにフレームワークをまず作るのです。

そのタイミングでの参画ならば意味はあります。

しかし「メディアがこれだけ騒いだ後」では様子が違います。

むしろ牛後になる我が国が射止めるため、でもあるのです。

さて、どうなりますか・・・。

しっかりと見据えて行きたいと思います。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-, ,