そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

国際決済銀行(BIS)がエマージング・マーケット債務危機を警告

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「国際決済銀行(BIS)がエマージング・マーケット債務危機を警告」です。

⇒その理由は……:
 ─「良い役回り」と「悪い役回り」の2つを設ける。
  そしてこの2つで世界を挟み込み、コントロールする。

 ─これが米欧の統治エリートたちが用いている手段です。
  このことをまずは踏まえておく必要があります。

 ─なぜならばそこに「善悪の価値判断」は無いからです。
  あるのはただ一つ、フレームワークの中でのみ動きを許すことです。

 ─私たちはこのフレームワークの中で生きていきます。
  いや、フレームワークの存在すら無意識のまま生きるのです。

 ─「良い役回り」の言論を絶賛し、「悪い役回り」のそれを批判します。
  それを繰り返す中で人生を終えていくのです。

 ─しかし「真実」はその向こう側にあります。
  フレームワークの外側こそが真実なのです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

国際決済銀行(BIS)から新しい警告が発出されました。

「エマージング・マーケットが債務危機に陥る」というのです。

BISは従前よりこう警告を発して来ました。

「これから生じるのはグローバル・マーケットの暴力的な反転だ」

未だそこまでと言える事態が生じない中、アラートを発したわけです。

これをどの様に解釈すべきかが大きな焦点となっています。

大事なことはBISの役回りは言論の上で「良い役回り」だということです。

したがってその言論に感じ取れる善意もフレームワークの中でのことなのです。

むしろここで意識すべきは、より大きなこのフレームワークそのものなのです。

フレームワークの向こう側で何が本当に起きるかなのです。

本当はこれからの激変でフレームワークそのものが交換されるのではないか。

そうだとするならば、一体何が生じるのか。

いよいよ“その時”が迫る中、考えるべきことはこのことだけです。

そして今、BISの役回りの向こう側にこれがまた見え始めているのです。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-, ,