そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

安倍晋三総理大臣が早期訪露を伝達

2016/09/27

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~

⇒“今日の焦点”はズバリ:
 「安倍晋三総理大臣が早期訪露を伝達」です。

⇒その理由は……:
 ─米欧の社会構造は全部で5階層から成っています。
  「根元的階層」「番頭」「支配人」「労働者」そして「それ以外」です。

 ─これらの間では相互に厳密な区別がなされています。
  とりわけ根元的階層とそれ以外は行き来が無いと考えるべきです。

 ─ところがそうした秩序にチャレンジする向きがいます。
  全くもって徒労に終わるにもかかわらず、です。

 ─根元的階層には根元的階層なりの積み重ねがあるのです。
  ところがこうした向きはこれらの積み重ねを無視します。

 ─その結果、物事は必ずうまくいかないのです。
  そう、「必ず」うまくいかないのです。

 ─何度やってもそうした状況は変わりません。なぜならば「根元的な階層」
だけが未来に続く扉の鍵を持っているからです。

───────────────────────────────────
スポンサーリンク

───────────────────────────────────

安倍晋三総理大臣がロシアに再び接近していると報じられています。

来年早々にも訪露したいとの意向を伝えたのだと言います。

日露関係の根底にあるもの。

それは18世紀から脈々と続くつながりなのです。

そのつながりの延長線上でなければ物事は動きません。

ところがそうしたつながりについて当局は一切知らないのです。

これが日露関係の打開しない本当の理由です。

それ以上でも、それ以下でもないのです。

大事なことは、そうしたつながりは「根元的な階層」だけの世界であるという
ことです。

他の如何なる者も、認識は出来てもこれを動かせないのです。

そうであるにもかかわらず、力技で全てを動かそうとするとどうなるのか。

・・・私たちは間もなく、その結果をまざまざと見ることになります。

無論、悲劇であり、喜劇として。


スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-