そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

また生き残ってしまった・・・

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「また生き残ってしまった・・・」です。

⇒その理由は……:

─戦後の我が国における名作映画の一つに「赤い天使」という映画があり
ます。主演は若尾文子です。

―従軍看護婦の姿を描いた名作です。
その主人公が語るこんな名台詞があります。

―「また私だけが生き残ってしまった」
繰り返し語られる台詞です。

―主人公は戦場で生き残る度にこの言葉をつぶやくのです。
そして途方もない苦しみと悲しみを味わい続けることになります。

―生き残ることはつらいこと。
その実感がひしひしと伝わってきます。

―なぜ「つらい」のか?
なぜならば生き残ることは「上げ」であり「下げ」のサインだからです。

―生き残れば生き残るほど、暴落のエネルギーが高まっていきます。
そして・・・ある時、深紅の血潮が噴き出すのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

我が国において自民党と公明党が衆院総選挙で大勝しました。

安倍晋三政権は当面の間、続投となります。

祝勝ムードが与党側では広がっています。

安倍晋三総理大臣もさしあたり満面の笑みです。

しかし・・・本当にそうなのでしょうか。

そのままで済む、のでしょうか。

「上げ」は強烈になりすぎると「暴落」の契機となります。

要するに過剰ポテンシャルが加わるからです。

結果、大暴落となる。

奈落の底に文字通り落ちることになるのです。

その階段を一つ一つ上がっていくこと。

このことほど、恐怖に感じることはないはずです。

「また生き残ってしまった・・・」

その一言が聞こえてきます。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢
-