そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

原田武夫のマーケット国内外情勢

森友学園による国有地購入問題で会計検査院が検査を実施する予定

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「森友学園による国有地購入問題で会計検査院が検査を実施する予定」です。

 

⇒その理由は……:

─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

―常に「上がる」ものはないのです。
他方、常に「下がり」続けるものもありません。

―それでもこれらの内、一つの固執するのが私たちの性(さが)なのです。
その結果、決定的な“崩落”へと巻き込まれていくことになります。

―大事なことはただ一つ。
「引き際」なのです。

 

───────────────────────────────────

スポンサーリンク

───────────────────────────────────

安部晋三総理大臣が非難されています。

「森友学園」による国有地購入に関与しているというのです。

本人は否定しています。

また実際にその可能性は低いとも言えます。

しかし問題は「逆風」が生じたということなのです。

本来ならば生じるはずのない「逆風」です。

これに怯えているのは安倍晋三総理大臣自身であるはずです。

なぜならば「あの時」と全く同じだからです。

第1次政権を退陣した際にもそうでした。

「週刊現代」によるスクープ記事が出る直前に退陣しました。

それが「我が国の本当の“権力の中心”」からの声だからです。

これまで何度となく聞こえてきた声を完全に圧殺してきました。

今回も巧みにそうできるのか。

・・・そう怯えているはずです。

「潮時」は肝心です。

“潮目”は逆らう者を巻き込むからです。

「いよいよ」なのです。

その瞬間が到来したのです。

スポンサーリンク

-原田武夫のマーケット国内外情勢