そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

週末だけのグローバル投資コラム

パナマ文書が与えるインパクト (2)金融危機の新たな火種

2016/09/25

このニュースが流れたとき、私はチャート更新メールのコメントにこう書きました。

「一見したところ米国がタックスヘイヴンとそれを利用する人々を牽制するついでに、
憎らしい奴を叩いているように見えます。」

「相場が上昇している時なら無視されたかもしれませんが、
今の局面では売り方にうまく使われそうです。」

*****************************************************
*****************************************************

するとさっそく、アイスランド首相が辞任に追い込まれました。

-------------------------------------------------------
「パナマ文書」問題、アイスランド首相が辞任へ
タックスヘイブンを利用した資産隠し疑惑
ロイター 2016年04月06日
http://jp.reuters.com/article/panama-tax-iceland-pm-idJPKCN0X224M
-------------------------------------------------------

アイスランドのグンロイグソン首相は5日、辞任を表明した。党関係者が明らかにした。

同首相をめぐっては、パナマの法律事務所から流出した機密の金融取引文書、
いわゆる「パナマ文書」で、タックスヘイブン(租税回避地)を利用した資産隠し疑惑が浮上。

議会前で数千人が抗議するなど、辞任要求が強まっていた。
同文書の流出を受けて政府首脳が辞任するのは初めて。 (以下略)
-------------------------------------------------------

*****************************************************

続いて欧州の監督当局が金融機関に説明を求めると、2名のシニアバンカーが辞職。

金融株が大きく下げました。

-------------------------------------------------------
欧州当局、金融機関にオフショア活動の詳細報告求める-バンカー辞職
Bloomberg 2016年4月8日 04:31 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-07/O5A20G6JIJVF01
-------------------------------------------------------
欧州の監督当局は域内の金融機関に対し、オフショア活動の詳細について報告するよう求めた。

欧州では、パナマの法律事務所から漏洩(ろうえい)した文書が影響し、シニアバンカー2人が辞職した。(以下略)
-------------------------------------------------------

*****************************************************
*****************************************************

「欧州は真っ黒くろすけ」と普段から言っている私も、これには驚きました。

辞任した監査役会メンバーやCEOはいろいろ理由をつけていますが、
逃げ出したと思われてもしかたないでしょう。

プーチンと習近平を炙り出そうと火をつけたら、
欧州諸国が真っ黒焦げになって転がり出てきたような感じです。

これも狙ってやっているのだとしたら、アメリカ恐るべしと言わざるをえません。

*****************************************************

もちろんこれだけで済むとは思いません。

金融機関の幹部が辞めたあと、詳しく調べてみると「うわあ!なんだこりゃ!」
というものが発覚するのは良くある話です。

欧州が隠している不良債権に加え、資産隠しやマネロンで大混乱に陥る可能性が出てきました。

欧州金融危機は今でこそ落ち着いていますが、新たな火種が撒かれたと考えます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ワイルドインベスターズ株式会社



スポンサーリンク

-週末だけのグローバル投資コラム
-