そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

週末だけのグローバル投資コラム

北朝鮮への武力行使秒読みか? (7)問われる「制裁の実効性」

----------------------------------

本稿は2017年9月13日の会員さん向けメール

投資戦略アップデート(20170913)全会一致で制裁決議もまだ危機は続く

の公共性が高いと判断し、加筆修正の上で公開するものです。

----------------------------------

*****************************************************
*****************************************************

日本時間2017年9月12日早朝、北朝鮮への制裁決議が国連安保理で可決されました。

確かに内容としては厳しいものですが、「本当に実効性があるのか?」と思います。

時間をかけると核ミサイルは増え、より解決が困難となります。

武力行使のオプションは残しておかなければならず、
ボールは基本的に米国側にあると認識してます。

*****************************************************
北朝鮮の輸出産業、9割が制裁対象に 国連安保理決議
朝日新聞 2017年9月12日
http://www.asahi.com/articles/ASK9D5FLHK9DUHBI024.html

-------------------------------------------------------
国連安全保障理事会が11日に採択した対北朝鮮制裁決議は、
北朝鮮への石油輸出を3割減らすほか、
主要な外貨収入源である同国製繊維製品の輸出禁止も盛り込んだ。

これで北朝鮮の輸出産業の9割が制裁対象となった。

米国は当初示した案から譲歩したものの、核実験から8日後の採択という迅速さを重視。

中国も北朝鮮の体制が揺らがない線を守りつつ、石油の輸出制限も受け入れた(略)

*****************************************************
*****************************************************

今回は「スピード重視」で「全会一致」を目指したとのこと。

これは悪くありません。

外貨獲得や資金移動手段を制限したのも良いと思います。

合弁企業や新規労働者が外貨を獲得すれことが難しくなれば、
一定の圧力にはなるでしょう。

*****************************************************

ただそれは「制裁強化によって水爆製造を止められるのであれば」の話。

これまでも制裁が続く中で水爆ミサイルを完成させたのですから、
抜け道はいくらでもあるはず。

特に北部戦区(旧瀋陽軍区)は「我々の核」を死守するべく、
支援を続けるでしょう。

また日本や韓国からの支援ルートに変調が見えるわけでもありません。

むしろこれまで関わってこなかった国のほうが、まじめに対策している気がします。

*****************************************************
*****************************************************

米国は武力行使オプションを手放すべきではありません。

制裁強化だけで解決した気になっていると、
数年後に核ミサイルを20発に増やした北朝鮮と対峙することになります。

オバマ前大統領の「戦略的忍耐」が何をもたらしたか。

チェンバレンの「融和政策」が何をもたらしたか。

衝突を避けようとすればするほど、傘にかかって攻めて来る相手もいるのです。

*****************************************************

「制裁を強化しただけでは、水爆ミサイルの製造は止められない」

「すると黙認したことになり、核拡散ドミノは避けられない」

「日本の安全が前提から覆り、米国との同盟すら疑問視される」

「しかし日本が独自武装を始めたら妙な方向に誘導されそうだし、
米国も日本だけは潰しそうだ」

などと、最悪のケースを想定していました。

*****************************************************

スポンサーリンク

*****************************************************

そんな折、北朝鮮はまた弾道ミサイルを発射しました。

しばらくは黙って水爆を作り続けると想定していたので、これには驚きました。

これでは早期武力行使の議論が高まります。

中国もたまらず「北朝鮮崩壊後に向け協議を」と識者に発言させました。

*****************************************************

止まらない北朝鮮の挑発。

計算した上なのか、もはや自分でも止められないのか。

人々はテロリストや中東への核拡散を恐れます。

しかし日本はすでに、「核による恫喝」という現実にさらされているのです。

 

 

次回のセミナーでは、そのあたりも含めて解説します。

↓↓↓

セミナー開催!「米国低インフレの謎と覇権の行方」10月7日(土)
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51236184.html

 

 

会員サイトではさらに詳しく、投資戦略に絡めてフォローします。

↓↓↓

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/

-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。

気になるチャート20170915
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51236851.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/

Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

「PR」

株式投資で圧倒的多数の敗者が陥る謎
「なぜ、こんな高値を掴むのか」

多くの個人投資家は何の分析も計画も
なく欲と値ごろ感だけで株を買う。

では、ローリスクで大きな利幅を狙う
株式投資を実現するにはどうすれば?

今、初心者でも株で大きく稼ぐための
オンライン株式動画合計10本が
無料で得られる。

しかも、170Pのボリュームがある
電子書籍まで無料プレゼントなので
すぐに手に入れておくべきだろう。

まずはこのシンプルな問題を簡単に
答えられるか試してみることだ。

下記より。

 

スポンサーリンク

-週末だけのグローバル投資コラム
-