そこが知りたい情報チャンネル

このブログは、自分にとって参考になったことや活用できると思った記事をUPしていきます。

週末だけのグローバル投資コラム

仮想通貨の技術的問題 (6)ポケ〇ンコインや妖〇ウォッチコインと同じ

----------------------------------

アマゾンで「外国為替」部門を上位快走中!

「ビットコインはなぜヤバい - フィンテック時代のデジタル投資詐欺」

http://amzn.to/2j319GL

----------------------------------

想像してみてください。

「ブロックチェーン技術を使って新しい
ポケ〇ンコイン(妖〇ウォッチコイン)を発行します」

「これは新時代の通貨です。銀行も中央銀行も潰れます」

「円が無価値になる前に、値上がり確実なこの仮想通貨を手に入れましょう!」

と言われたら、あなたはそれらのコインに何円の価格をつけるでしょうか。

*****************************************************
*****************************************************

中島真志氏の「アフター・ビットコイン」を読んいて、あることに気が付きました。

金融当局者の間では

「ビットコイン(などいわゆる仮想通貨)の本源的価値はゼロ」

として、話はそれ以上進展しなかったそうです。

しかし
「それを支えているブロックチェーンなどの分散台帳技術(DLT)は革命的な技術である」
としています。

各国の金融機関や当局が注目し、
実証実験を行っているという例がいくつも挙げられています。

---------------------------------------------
中島 真志
アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者
http://amzn.to/2lWZtjo
---------------------------------------------

*****************************************************
*****************************************************

「いわゆる仮想通貨の本源的価値はゼロ」

金融や投資のプロ同士なら、すぐに結論が出てそれ以上話は続きません。

「法律に基づいた財産権」が付いていなければ、
その「現物」以上の価値はないからです。

*****************************************************

たとえば金や石油であれば、それ自体の価値しかありません。

一万円札の原価は20円ほどらしいですが、
日銀が価値を与えているので一万円の価値があります。

しかし子供銀行券であればその「紙」自体の価値だけです。

電子データは形がないですから、本源的価値はゼロ。

あとは人々がそれプラスの価値をどれぐらい認めるかにかかっています。

*****************************************************
*****************************************************

拙著「ビットコインはなぜヤバい」では同じことを

「誰の負債でもないものを、自分の資産と認識するのは危険」

と表現しました。

会計や法律の知識がある人は、これ一発で理解していただけたようです。

特に不動産投資家からの評価が高く、嬉しく思っています。

*****************************************************

しかしよくよく考えてみると、その表現で理解できる人は中級以上の投資家です。

「無意識のうちにバランスシートを頭の中で描き、
自分が得られる利回りを計算している」からです。

人口比としては少ないかもしれません。

そこで、投資を始めたばかりの人々にもわかりやすい表現を考えてみました。

「ポケ〇ンコインや妖〇ウォッチコインと同じ」

これなら感覚的に理解できる人が増えるのではないかと思います。

*****************************************************
*****************************************************

株式など「出資金」の価値を支えてる根拠は、会社法などで規定されている

1 議決権
2 利益配分権
3 残余財産請求権

です。

これら権利のおかげで、
株主たちはその会社が得た利益を配当などの形で得ることができます。

だから儲かっている会社の株価は上がります。

会社としては株主に対して義務を負ったことになるので、
バランスシートでは負債側の「資本」として認識されます。

*****************************************************

債券・貸付金・預金などは、
その会社に対する「金銭債権」であると会社法で規定されています。

期日が来れば利息や元金を、その会社の利益に係わらずもらうことができます。

決められた利息以上の現金を会社からもらうことはできません。

その代わり、その弁済は株主に対する支払いよりも優先されています。

会社としては債権者に対して返済義務を負ったことになるので、
バランスシートでは負債側の「負債」として認識されます。

*****************************************************

実はショップのポイントや、電子マネーも同じ「負債」。

利息が付かないだけで、
発行体に対して「貸してあるものとして取り立てる権利(債権)」を持っています。

だからそれを持っている人は、
「ある程度は頼りにでいる財産」だと認識して良いのです。

*****************************************************

スポンサーリンク

*****************************************************

一方いわゆる仮想通貨は、発行体に対して何の権利も持ちません。

発行体がいくら儲けても、
コインの保有者が「その分け前」を請求することはできません。

発行体にとっては「資本」ではないからです。

会社から利息をもらうことも、償還日に元本を回収することもできません。

発行体にとっては債券や貸付金のような「負債」ではないからです。

*****************************************************

いわゆる仮想通貨は、「デジタルアセット」と定義されています。

仮に在庫というものが存在するのであれば、、
会社のバランスシート左側に「資産」として計上されるのでしょう。

それをあなたが買えば、その「デジタルアセット」は「現金」になります。

発行する側はそれだけ現金を得ます。

買う側は現金を失う代わりに、その「デジタルアセット」を得ます。

何の法的権利もない電子データに何百万円も払うとは、
景気が良い世の中になったものです。

*****************************************************
*****************************************************

ポケ〇ンコインや妖〇ウォッチコインなども、その本源的価値は「ほぼゼロ」です。

「集めると楽しい」「子供が喜ぶ」以外の価値はほとんどありません。

コインの買い手が利益を得られるのは、他の人が自分より高く買ってくれた時だけ。

しかし純粋に楽しみで買われるものですし、
いくらでも発行できるので、値上がり益に期待すべきではありません。

たとえ最新のテクノロジーを使って発行したとしても、その本質は変わらないのです。

*****************************************************
*****************************************************

ただしいわゆる仮想通貨(暗号通貨)には、本源的価値にプラスするものがあります。

それは「非合法決済ツールとしてのプレミアム」です。

詐欺・脱税・不正送金・マネーロンダリング・テロ支援など、
あらゆる犯罪に使いやすいのです。

まともな国であるほど、危険な存在と感じるでしょう。

*****************************************************

「本源的価値はゼロ」

「誰でも発行し放題」

「国家権力が潰しに来る可能性大」

どんな面からも「ヤバい」としか言いようがありません。

 

----------------------------------

アマゾンで「外国為替」部門を上位快走中!

「ビットコインはなぜヤバい - フィンテック時代のデジタル投資詐欺」

http://amzn.to/2j319GL


 

---------------------------------------------
中島 真志
アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者
http://amzn.to/2lWZtjo
---------------------------------------------

 

-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。

気になるチャート20180119
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51244409.html

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/

Copyright (c) Wild Investors Inc.  All rights reserved.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

-週末だけのグローバル投資コラム
-